HOME > 歯並びの矯正をご希望の方へ

歯並びの矯正をご希望の方へ

矯正って必要なの?

矯正って必要なの? 歯列矯正は、歯並びをよくするという 見た目だけの問題ではありません。

乱ぐい歯・八重歯など、歯の生え方に異常があると、噛み合わせや発音に影響が出る場合があります。歯並びがよくなると、歯みがきがしやすくなるので、虫歯や歯周病の発症率も下がります。
歯並びを整えることは、心身ともに健康に過ごすためのとても重要な要素なのです。

治療期間

症状によって期間や費用は違います。3カ月~2年ほどかかります。
その後、約1年、保定する期間が必要になってきます。
矯正の治療は、長期間に渡ります。根気よく治療を続けましょう。

矯正器具について

当院では主に、透明なブランケットをゴールドのワイヤーで固定しています。
歯に負担の少ない矯正器具で、形状記憶合金のため、調節も容易です。
落ち着いたゴールドは反射を抑え、審美的に優れています。

矯正治療の流れ

矯正治療は、下記の流れで治療を行っていきます。

Step 1.初診
初診

まずは矯正についてのご相談です。口腔内模型やX線写真など、初診のための資料を準備します。
※観察
診断の結果、すぐに矯正治療が必要でないと判断できる場合は、矯正装置をつけるまでの間、観察します。

Step 2.診断

2回目の来院時に、診断結果についてご説明します。
その際、矯正治療に用いる装置の決定(選択)および料金(治療費)、治療期間等についてご説明いたします。
治療の必要がある虫歯や抜歯すべき歯牙がある場合には、その処置についてもご相談させていただきます。

Step 3.矯正器具の装着
矯正器具の装着

虫歯の治療など矯正治療のための前準備が終了し、患者さんにご理解、ご納得して頂いてから、初めて矯正器具を装着します。装着には時間がかかるため、数回に分けることもあります。
※この時に、矯正料をお支払い頂きます。

Step 4.装置調整及び監視

月に2回来院して頂き、ワイヤー等の調整や、順調に歯が移動しているかどうか監視します。
※この時に、調整料をお支払い頂きます。

Step 5.装置除去

すべての歯の移動が完了してから、装置を外します。

Step 6.保定

装置を外した後、移動した位置に歯牙を留めておくために、今度は保定器具を装着します。これは、取り外しが自由な可動式の装置です。保定期間中は3カ月ないし6カ月に一度御来院ください。
※来院時に監視料をお支払い頂きます。